梨木香歩『春になったら苺を摘みに』

現代文学100字レビュー

作品情報

梨木香歩『春になったら苺を摘みに』の表紙画像
タイトル
春になったら苺を摘みに
かな
はるになったらいちごをつみに
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
ジョーのこと / 王様になったアダ / ボヴァリー夫人は誰? (ほか)
所要
2時間30分
評価
★★☆☆☆
レビュー
最後までこれをエッセイと知らず小説として読んでた。英国留学での下宿暮らし、人々の交流から生まれる心温まるエピソード。人間への視線の優しさゆえに戦争や人種差別などディープな問題への言及にも背筋が伸びる。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント