岡崎祥久『楽天屋』

現代文学100字レビュー

作品情報

岡崎祥久『楽天屋』の表紙画像
タイトル
楽天屋
かな
らくてんや
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
なゆた / 孤独のみちかけ / 楽天屋
所要
2時間40分
評価
★★★☆☆
レビュー
このくらいシニカルで貧乏で楽天屋な男は「一人も悪くない」と嘯いたりするものだが、それなりにうまく立ち回ってる主人公たちの短編集。人並みゆえの抜けの悪さがそれ以上の感慨を呼ばなかったりして、まぁ普通に。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント