星野智幸『アルカロイド・ラヴァーズ』

現代文学100字レビュー

作品情報

星野智幸『アルカロイド・ラヴァーズ』の表紙画像
タイトル
アルカロイド・ラヴァーズ
かな
あるかろいどらばーず
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
アルカロイド・ラヴァーズ
所要
1時間30分
評価
★★★★☆
レビュー
植物的な生殖、あるいは無性的な愛をもって生を繰り返し、唯一の死を何度も死になおす。神話的なモチーフと噎せんばかりの甘い植物毒。そこは本当に楽園なのかな? 仮初の世に早く土に還りたいと願うに足るような?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント