辻仁成『孤独にさようなら』

現代文学100字レビュー

作品情報

辻仁成『孤独にさようなら』の表紙画像
タイトル
孤独にさようなら
かな
こどくにさようなら
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
孤独にさようなら
所要
2時間10分
評価
★☆☆☆☆
レビュー
両親をなくした少年が、北海道の深い森のなかで心を癒し成長する物語。なのに株の話になるとは想像もしない。というか投機にのめりこんでゆく少年が心温まるねなんて物語的に成立してない。この自信はどこからなの?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント