池澤夏樹『小説の羅針盤』

現代文学100字レビュー

作品情報

池澤夏樹『小説の羅針盤』の表紙画像
タイトル
小説の羅針盤
かな
しょうせつのらしんばん
著者
NDC
901 文学>文学>文学理論 作法
目次
上田秋成 / セーレン・キルケゴール / 森鴎外 (ほか)
所要
3時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
15人の作家論。ケルアックから山田詠美まで、論の分量もバラバラなんだけど、「全部僕の好きな作家です」の統一感でその魅力が伝わる。特に日夏耿之介の詩作は精密に分析され、知らなくても読みたくなるような出来。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント