鹿島田真希『六〇〇〇度の愛』

現代文学100字レビュー

作品情報

鹿島田真希『六〇〇〇度の愛』の表紙画像
タイトル
六〇〇〇度の愛
かな
ろくせんどのあい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
六〇〇〇度の愛
所要
1時間50分
評価
★★★★★
レビュー
かつて6000度の熱に包まれた長崎で、家庭から離れ情事にふける女。「原爆」のイメージが言わば印象操作に近い形で関係性も曖昧に重層化されてるんだが、それが混沌とした語り口から文学性をさらに高めてる、と読む。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント