東直子『さようなら窓』

現代文学100字レビュー

作品情報

東直子『さようなら窓』の表紙画像
タイトル
さようなら窓
かな
さようならまど
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
青鬼 / カブ / お春さん (ほか)
所要
1時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
初の長編。名歌「さようなら窓さようならポチ買い物にゆけて楽しかったことなど」から膨らませた恋愛小説だから、この短歌だけで泣ける人はぜひ。幼さと切なさと心細さと、二人で過ごした思い出の詰まるこの部屋で。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント