川上弘美『古道具中野商店』

現代文学100字レビュー

作品情報

川上弘美『古道具中野商店』の表紙画像
タイトル
古道具中野商店
かな
ふるどうぐなかのしょうてん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
角形2号 / 文鎮 / バス (ほか)
所要
3時間
評価
★★★★☆
レビュー
川上弘美の書く恋愛小説はなぜこんなに淡々と清廉なのか。古道具屋という舞台もあいまって時がとまったような、このままいつまでも続くような曖昧な生活。と思わせながらラストで大きく動いて、時代の終わりを示す。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント