星野智幸『植物診断室』

現代文学100字レビュー

作品情報

星野智幸『植物診断室』の表紙画像
タイトル
植物診断室
かな
しょくぶつしんだんしつ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
植物診断室
所要
1時間
評価
★★★☆☆
レビュー
独り身であることの矜持と、自分が植物的であることの恐れと憧憬みたいなものが混ぜ合わさった男の吐く息が、場面が変わっても漂い残って、ストーリーを正しく追えてないような気がする。非父親の子守男は何を想う。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント