鴻上尚史『僕たちの好きだった革命』

現代文学100字レビュー

作品情報

鴻上尚史『僕たちの好きだった革命』の表紙画像
タイトル
僕たちの好きだった革命
かな
ぼくたちのすきだったかくめい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
語られなくなった言葉と出会う偶然の始まり / 僕たちの好きだった革命 小野未来 / 21世紀の文芸部教室で
所要
3時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
全共闘を生きた男が現代に甦る小説作品。あのとき感じてた気分を伝えたい、は伝わる。熱い想いは今どこへ向かうんだろうね。自主運営文化祭楽しそう。ラッパーのアジがラップとしてもダサイというのは致命的だけど。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント