楠見朋彦『ジャンヌ、裁かるる』

現代文学100字レビュー

作品情報

楠見朋彦『ジャンヌ、裁かるる』の表紙画像
タイトル
ジャンヌ、裁かるる
かな
じゃんぬさばかるる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ジャンヌ、裁かるる
所要
4時間
評価
★★★☆☆
レビュー
映画の断片がパッチワークになってて、小説としてのストーリーを覆い尽くしてる。どこから読んでも、どこで読み終えてもいいよという実験的な作品だが、企ても「映画が好きなのね」で終わってる気がしないでもない。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント