岡崎祥久『昨日この世界で』

現代文学100字レビュー

作品情報

岡崎祥久『昨日この世界で』の表紙画像
タイトル
昨日この世界で
かな
きのうこのせかいで
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
昨日この世界で
所要
2時間
評価
★★★☆☆
レビュー
「周回遅れの現在」を実感することで現実感を喪失して生きる現代を描く。螺旋状に遡る時間軸を模したストーリー展開としてその未視感は読者にも共有されるわけだが、かなり混乱する。その読みづらさをまた味として。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント