大崎善生『タペストリーホワイト』

現代文学100字レビュー

作品情報

大崎善生『タペストリーホワイト』の表紙画像
タイトル
タペストリーホワイト
かな
たぺすとりーほわいと
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
Will you love me tomorrow? / You've got a friend / It's too late (ほか)
所要
2時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
迷走する学生運動末期、内ゲバの果てに砕かれてゆく頭蓋骨。姉が犠牲になった理由を求めて、少女は暗闇のなかに飛び込んでゆく。本を開くまで想像してなかったテーマだが、喪ったものへの哀切の響きはいつもどおり。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント