清水義範『開国ニッポン』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『開国ニッポン』の表紙画像
タイトル
開国ニッポン
かな
かいこくにっぽん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 按針と家康 / 第二章 切支丹冥加金 / 第三章 お春と由井正雪 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
鎖国をしなかったら江戸時代はどうなっていたのか、というifの歴史小説。宗春だとか平賀源内だとか著者の好きな人物のディテールに凝りすぎなきらいはあるが、ちゃんと史実を敷いてるのでニヤリとできる部分が多い。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント