辻仁成『嫉妬の香り』

現代文学100字レビュー

作品情報

辻仁成『嫉妬の香り』の表紙画像
タイトル
嫉妬の香り
かな
しっとのかおり
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一部 中庭 / 第二部 空間 / 第三部 出口 (ほか)
評価
★☆☆☆☆
レビュー
嫉妬のため壊れる愛と始まる愛。未来への復讐という欺瞞が立ち上る香水で甘く染まる。大人の愛というより欲情という無能感。現代的「癒しの庭」構想が引きたて役ではある古典的不倫小説。ドロドロっちゃあドロドロ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント