小野正嗣『水に埋もれる墓』

現代文学100字レビュー

作品情報

小野正嗣『水に埋もれる墓』の表紙画像
タイトル
水に埋もれる墓
かな
みずにうもれるはか
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
水に埋もれる墓
所要
1時間40分
評価
★★★☆☆
レビュー
半島の海と山に囲まれた集落「浦」の生活。ラインマーカーを歩行器代わりに押して歩くおばあちゃん、の絵だけが強めに出ててあとはぼんやりしてながら、「色の黒い小さな人」とか不思議な色味もまた変に残る物語だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント