小野正嗣『にぎやかな湾に背負われた船』

現代文学100字レビュー

作品情報

小野正嗣『にぎやかな湾に背負われた船』の表紙画像
タイトル
にぎやかな湾に背負われた船
かな
にぎやかなわんにせおわれたふね
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
にぎやかな湾に背負われた船
所要
1時間30分
評価
★★★★☆
レビュー
「浦」と呼ばれる閉鎖した土地で、現在と過去を繋ぐ血。中上健次を思わせる土着さ。不意に飛びすぎる修辞に驚き、その記憶の生臭さにうなされながらも、徐々に見えてくる事件には最後まで関心を削がず引っ張られる。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント