平野啓一郎『決壊』

現代文学100字レビュー

作品情報

平野啓一郎『決壊』の表紙画像
タイトル
決壊
かな
けっかい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
一 疑念 / 二 沢野崇の帰郷 / 三 秘密の行方 (ほか)
所要
9時間
評価
★★★★★
レビュー
平凡な家庭を襲うバラバラ殺人事件。「悪魔」というシステムエラーの出現が用意されている社会構造のなか、解釈は間違われ続けて。圧倒的な描写で、社会病理、哲学を詰め込む。しばらく放心するほど重く救われない。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント