鴻上尚史『人生に希望をくれる12の物語』

現代文学100字レビュー

作品情報

鴻上尚史『人生に希望をくれる12の物語』の表紙画像
タイトル
人生に希望をくれる12の物語
かな
じんせいにきぼうをくれるじゅうにのものがたり
著者
NDC
904 文学>文学>論文集 評論集 講演集
目次
1 『アルジャーノンに花束を』ダニエル・キイス / 2 『百年の孤独』G.ガルシア=マルケス / 3 『泣いた赤おに』浜田廣介 (ほか)
所要
1時間50分
評価
★★★☆☆
レビュー
自分はこの本に生きる希望を与えられた、だから皆も読んでみるべし!という読書案内。古今東西、『劇画・オバQ』から春樹まで、「あの頃の自分」にも触れながら解説してます。それぞれの「希望」の質も見えるって。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント