堀江敏幸『雪沼とその周辺』

現代文学100字レビュー

作品情報

堀江敏幸『雪沼とその周辺』の表紙画像
タイトル
雪沼とその周辺
かな
ゆきぬまとそのしゅうへん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
スタンス・ドット / イラクサの庭 / 河岸段丘 (ほか)
所要
2時間20分
評価
★★★★☆
レビュー
「雪沼」という静かな田舎町に暮らす人々を描いた連作短編集。店を閉める日のボーリング場経営者が、ピンの倒れる音に耳をすます。なんて読者も思わず息を詰めちゃうような、静謐で美しい空気感が満ちている作品だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント