前田司郎『大木家のたのしい旅行 ― 新婚地獄篇

現代文学100字レビュー

作品情報

前田司郎『大木家のたのしい旅行』の表紙画像
タイトル
大木家のたのしい旅行
かな
おおきけのたのしいりょこう
副題
新婚地獄篇
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇
所要
2時間
評価
★★★☆☆
レビュー
東急屋上から出発する1泊2日の地獄旅行。赤鬼青鬼のいる地獄。なのに「韓国旅行記」の類とまったく同じトーンで書かれてて、緊張感とか非日常性が薄ゆるい。そのテンションのズレが笑える。地獄の便器がTOTOって…。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント