本谷有希子『生きてるだけで、愛。』

現代文学100字レビュー

作品情報

本谷有希子『生きてるだけで、愛。』の表紙画像
タイトル
生きてるだけで、愛。
かな
いきてるだけであい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
生きてるだけで、愛。 / あの明け方の
所要
1時間30分
評価
★★★★★
レビュー
躁鬱な女の子の一人称で、世界との接点を拒絶しながら、丸ごと受容されることを求めてる痛々しい小説。どんづまりで出てくる感情それは愛だ、とは誘導的だけれど、波が止まってみえる一瞬という世界は確かに見える。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント