鹿島田真希『ピカルディーの三度』

現代文学100字レビュー

作品情報

鹿島田真希『ピカルディーの三度』の表紙画像
タイトル
ピカルディーの三度
かな
ぴかるでぃーのさんど
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
美しい人 / ピカルディーの三度 / 俗悪なホテル (ほか)
所要
1時間40分
評価
★★★☆☆
レビュー
なんだこのウンコ小説は。いや評価でなくて作中小道具としての。「できるだけ、一人称の語りを排泄物に近づけるんだ」とか狙いを表明しすぎなんだけど、それもブラフのようで何が本心なのか分からない。短編みな変。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント