東直子『薬屋のタバサ』

現代文学100字レビュー

作品情報

東直子『薬屋のタバサ』の表紙画像
タイトル
薬屋のタバサ
かな
くすりやのたばさ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
薬屋のタバサ
所要
1時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
不思議な薬屋店主との暮らし。形あるものはすべて揺らいで崩れ曖昧な夢の感覚が残る。生と死を囲い込む町、水の底に沈んでいる記憶。著者にしてはずいぶん暗い小説だけど、この胸のザワつきを快いと取る人もいるか。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント