辻仁成『太陽待ち』

現代文学100字レビュー

作品情報

辻仁成『太陽待ち』の表紙画像
タイトル
太陽待ち
かな
たいようまち
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ルーズマイメモリー / 二郎の世界 / 昼と夜のあいだ (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
映画監督の長い愛、ヒロシマの暑い夏。ルーズマイメモリーという優しい呪文とともにあの時代の「戦争」へと遡行する長編。いろいろな記憶が重なり響きあう構成で、多様な後悔の澱で世界を「汚す」ドラマが光る大作。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント