角田光代『対岸の彼女』

現代文学100字レビュー

作品情報

角田光代『対岸の彼女』の表紙画像
タイトル
対岸の彼女
かな
たいがんのかのじょ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
対岸の彼女
所要
3時間10分
評価
★★★★★
レビュー
家庭の無理解に苛立ちながらパートに出る子持ち主婦と、事件の記憶を封じ込めたまま学生気分の起業家、女同士の交流とすれ違い。安易な共感を拒むような、それでいて身が切れるようなリアリティが人物を厚くしてる。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント