椎名誠『ひとつ目女』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『ひとつ目女』の表紙画像
タイトル
ひとつ目女
かな
ひとつめおんな
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ネズミ / ラクダ / 赤蜘蛛 (ほか)
所要
2時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
超常長編SF。天竺をめざすロードノベルのような趣もあって、旅モノとして読んでも楽しい。というか旅に寄ったことで振り幅が少なくなった気がする。でも荒廃した世界に生きる人々のしたたかさや不穏さはやはりいい。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント