舞城王太郎『ビッチマグネット』

現代文学100字レビュー

作品情報

舞城王太郎『ビッチマグネット』の表紙画像
タイトル
ビッチマグネット
かな
びっちまぐねっと
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ビッチマグネット
所要
2時間50分
評価
★★★★★
レビュー
情緒不安定な姉とビッチばかりを引き寄せる弟、愛人のところから帰ってこない父の家族小説。物語への懐疑をポジティブに解体してみせる。家族のあり方と自意識のありようを考え続ける姉、その自画像の上手さに拍手。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント