辻仁成『そこに君がいた』

現代文学100字レビュー

作品情報

辻仁成『そこに君がいた』の表紙画像
タイトル
そこに君がいた
かな
そこにきみがいた
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
平和町山賊団 / 子供時代への手紙 / もどかしさの行方 (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
『そこに僕はいた』と対になるのか、少年時代を振り返ったりするエッセイ。こういうタイミングなら「最近はよく恋愛の達人と言われる」なんて文章が熱いのかもしれんが、力の抜け切った語尾の柔らかさを味わうべき。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント