青木淳悟『いい子は家で』

現代文学100字レビュー

作品情報

青木淳悟『いい子は家で』の表紙画像
タイトル
いい子は家で
かな
いいこはいえで
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
いい子は家で / ふるさと以外のことは知らない / 市街地の家
所要
1時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
家族小説のような貌をしながら、靴紐とか不思議な細部に寄ってるなと思ってるうちに抽象度が飛び上がる。でも登場人物たちは誰もそんな非現実に関心がないように見える。自分のことにだって関心ない。そんな時代感。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント