村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の表紙画像
タイトル
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
かな
せかいのおわりとはーどぼいるどわんだーらんど
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ハードボイルド・ワンダーランド(エレベーター、無音、肥満) / 世界の終り(金色の獣) / ハードボイルド・ワンダーランド(雨合羽、やみくろ、洗いだし) (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
夢読みの僕と計算士の私。静と動、ニつの世界が交互に語られる。その物語構造で世間をあっと言わせた新境地。物語への「引き込み方」がすごい。読み始めたら止まらない。スピーディーな展開で気づけば危うい結末だ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント