辻仁成『愛と永遠の青い空』

現代文学100字レビュー

作品情報

辻仁成『愛と永遠の青い空』の表紙画像
タイトル
愛と永遠の青い空
かな
あいとえいえんのあおいそら
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
青春の末期 / 愛と永遠の青い空 / モナ・リサの微笑み
評価
★★★☆☆
レビュー
真珠湾を飛んだ戦友と再び訪れるハワイ。平和への祈りが、今は亡き妻への想いと重なって、大文学的スケールがあり読ませる。歴史を感じたい人間を描きたいという著者の近年の作風には戸惑いぎみだったりするのだが。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント