重松清『その日のまえに』

現代文学100字レビュー

作品情報

重松清『その日のまえに』の表紙画像
タイトル
その日のまえに
かな
そのひのまえに
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ひこうき雲 / 朝日のあたる家 / 潮騒 (ほか)
所要
3時間
評価
★★★★☆
レビュー
死に至る病にある登場人物たちの「その日」に向かう生き方。ありがちなテーマだけど、構成も展開もうまくって涙腺に来る。お涙頂戴じゃない!とか力説しないで、「泣ける」が褒め言葉でもいんじゃないかと思う作品。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント