辻仁成『オキーフの恋人オズワルドの追憶』

現代文学100字レビュー

作品情報

辻仁成『オキーフの恋人オズワルドの追憶』の表紙画像
タイトル
オキーフの恋人オズワルドの追憶
かな
おきーふのこいびとおずわるどのついおく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
オキーフの恋人オズワルドの追憶
評価
★★★★★
レビュー
失踪した作家を追う編集者の物語と、作家からFDで送られてくる小説が交錯する。半端な心理学とエンタメな探偵挿話が前半は辛いが、整合性が怪しくなるくらい勢いに溢れた後半はさすが著者の味だ。読み止んなくなる。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント