磯崎憲一郎『終の住処』

現代文学100字レビュー

作品情報

磯崎憲一郎『終の住処』の表紙画像
タイトル
終の住処
かな
ついのすみか
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
終の住処 / ペナント
所要
1時間10分
評価
★★★★☆
レビュー
語られてることは理解できるのに、この語り手が何を語りたいのか全体を捉えようとすると分からなくなるという、この不安な感じが味わいどころ。ストーリーよりは文体と方法論に拠ってる。意識の流れに意識的な作品。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント