筒井康隆『にぎやかな未来』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
にぎやかな未来
かな
にぎやかなみらい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
超能力 / 帰郷 / 星は生きている (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
どうにもまともな短編集ではない。「マリコちゃん」「ユリコちゃん」「サチコちゃん」と続くタイトルの脱力感。「到着」を短編としていいのかどうかという懐疑。そこにあっては「無人警察」の存在など問題ではない。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント