諏訪哲史『アサッテの人』

現代文学100字レビュー

作品情報

諏訪哲史『アサッテの人』の表紙画像
タイトル
アサッテの人
かな
あさってのひと
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
アサッテの人
所要
2時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
メタ的な構造も、「ポンパ」で定型を破ろうとしてまた凡庸に陥ってる登場人物も、真新しい小説表現ではない。ただ口に出してみると響きの楽しい言葉、というなら「あああるよね」というくらいの追想が落しどころか。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント