本谷有希子『乱暴と待機』

現代文学100字レビュー

作品情報

本谷有希子『乱暴と待機』の表紙画像
タイトル
乱暴と待機
かな
らんぼうとたいき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
乱暴と待機
所要
2時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
「復讐」とか「それって愛?」とかイヤただの依存でしょ。という舞台の長編化。登場人物四人それぞれの関係性の気持ち悪さを増幅しすぎなんだけども、世俗を飛び越えた先の無私が不意に現れて戸惑わせられたりする。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント