筒井康隆『家族八景』

現代文学100字レビュー

作品情報

筒井康隆『家族八景』の表紙画像
タイトル
家族八景
かな
かぞくはっけい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
無風地帯 / 澱の呪縛 / 青春讃歌 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
人の心を読み取る能力を持ったテレパス七瀬。お手伝いとして入った家庭で聞く心の暗闇。同時発生的に攻撃的な心象風景の描出は家族というものを根底から覆す。人間不信になってもおかしくはない危険な魅力ある連作。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント