長嶋有『ぼくは落ち着きがない』

現代文学100字レビュー

作品情報

長嶋有『ぼくは落ち着きがない』の表紙画像
タイトル
ぼくは落ち着きがない
かな
ぼくはおちつきがない
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ぼくは落ち着きがない
所要
2時間20分
評価
★★★★☆
レビュー
高校図書部の物語。仲間内の流行語「ヤドゥー」とかコミュニティの描き方が細部まで上手くって、その場に居合わせたような気分になれる。高校時代に感じてたくだらない色々をリアルに思い出す。青春小説の模範だね。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント