いしいしんじ『ぶらんこ乗り』

現代文学100字レビュー

作品情報

いしいしんじ『ぶらんこ乗り』の表紙画像
タイトル
ぶらんこ乗り
かな
ぶらんこのり
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ひねくれ男 / 空中ぶらんこの原理 / 手を握ろう! (ほか)
所要
2時間30分
評価
★★★★★
レビュー
声を失った弟の創作ノート。「手をつないだままではいられない」空中ブランコ乗りとか「ハトのたま」とか、彼の物語が定型的でありながら新鮮。何層にもなった喪失感、でも前向きな余韻が残る構成が心に響きまくる。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント