角田光代/穂村弘『異性』

現代文学100字レビュー

作品情報

角田光代/穂村弘『異性』の表紙画像
タイトル
異性
かな
いせい
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
「好き」と言うハードル / 内面か外見か / おごられ女、割り勘女 (ほか)
所要
2時間
評価
★★★★★
レビュー
異性と恋愛を巡る往復書簡。それぞれに特殊な個性だけども、真摯な省察によって普遍に突き刺さってる言葉たちがある。膝打ち大会。「カーテン」からの論は、ゾッとする。「僕もそうだ」と自罰的な打ちのめされ方で。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント