西村賢太『どうで死ぬ身の一踊り』

現代文学100字レビュー

作品情報

西村賢太『どうで死ぬ身の一踊り』の表紙画像
タイトル
どうで死ぬ身の一踊り
かな
どうでしぬみのひとおどり
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
墓前生活 / どうで死ぬ身の一踊 / 一夜
所要
2時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
「自分がどれほどダメか」ということを披露する私小説の系譜というものがあるわけだが、不快になるレベルの粗暴。DVで家を出てった女を泣いて呼び戻してまた殴るとかもうね、愚かしさを見つめるのでも自分好きすぎ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント