本谷有希子『ぬるい毒』

現代文学100字レビュー

作品情報

本谷有希子『ぬるい毒』の表紙画像
タイトル
ぬるい毒
かな
ぬるいどく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ぬるい毒
所要
1時間20分
評価
★★★★☆
レビュー
都会(の男)への憧れやら劣等感やらで読者を不快にさせる技法が際立つ。「自分がいまどれくらい、心とまったく別の動きができるのか確かめた」とかタイトルもだけど、主題を高らかに語る点に功罪あるが、功と取った。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント