筒井康隆『串刺し教授』

現代文学100字レビュー

作品情報

筒井康隆『串刺し教授』の表紙画像
タイトル
串刺し教授
かな
くしざしきょうじゅ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
旦那さま留守 / 日本古代SF考 / 通過儀礼 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
「春」での揺ぎない筒井節はどうだ。「きつねのお浜」の確信犯としての駄作ぶりはどうだ。走りっぱなしで戻ってこない短編が多くて、それぞれ楽しめる。SFへの気概も買いだ。これが「五百万部」売れる時代は来るの?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント