筒井康隆『夢の木坂分岐点』

現代文学100字レビュー

作品情報

筒井康隆『夢の木坂分岐点』の表紙画像
タイトル
夢の木坂分岐点
かな
ゆめのきざかぶんきてん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
夢の木坂分岐点
評価
★★★★★
レビュー
サイコドラマに始まりユンギストが大喜びしそうな「夢」の奥底へ、心の深部へ潜って行く長編。主人公の属性が推移するなど著者流の実験小説の軽味かと思いきや本気で重厚に心理学的。妻も娘も全部自分だし。すげぇ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント