筒井康隆『残像に口紅を』

現代文学100字レビュー

作品情報

筒井康隆『残像に口紅を』の表紙画像
タイトル
残像に口紅を
かな
ざんぞうにくちべにを
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一部 世界から言葉が消えていく / 第二部 世界からはすでに「あ」と「ぱ」と「せ」と「ぬ」と(中略)が消えている / 第三部 世界からはすでに「あ」と「ぱ」と「せ」と「ぬ」と(中略)が消えている (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
使える文字が徐々に減って行くという実験小説。それでも最後の一文字になるまで物語としてきちんと成立しているのは素晴らしい。言葉のおもしろさを知っている人だ。誰もやらないことをやろうというその気概を買う。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント