小野正嗣『森のはずれで』

現代文学100字レビュー

作品情報

小野正嗣『森のはずれで』の表紙画像
タイトル
森のはずれで
かな
もりのはずれで
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
片乳 / 古い皮の袋 / 眠る瘤 (ほか)
所要
2時間
評価
★★★☆☆
レビュー
父と息子の連作短編。異形の棲む森で、出産のために実家へ帰った妻を待つ二人。胎児の長い夢(この世に産まれ出る恐怖か)に取り込まれたような薄暗くマジカルな森の風景。何が起こってるのかよく分からないけど恐い。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント