筒井康隆『朝のガスパール』

現代文学100字レビュー

作品情報

筒井康隆『朝のガスパール』の表紙画像
タイトル
朝のガスパール
かな
あさのがすぱーる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
朝のガスパール
評価
★★★★★
レビュー
読者参加の新聞連載小説。投書によって局面は次々に変わり、物語内に登場した作家が投書を読み上げては低俗な読者を罵倒する。虚構の壁を越える終盤の銃撃戦は各レベルを巻き込んで朝刊の爽やかな風景をぶちのめす。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント