椎名誠『たき火をかこんだがらがらどん』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『たき火をかこんだがらがらどん』の表紙画像
タイトル
たき火をかこんだがらがらどん
かな
たきびをかこんだがらがらどん
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
わが人生に銀座あり / 風の中の女たちへ / 味噌汁自治共和国 (ほか)
所要
3時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
単行本未収録エッセイの棚ざらえ。すでに本になっているエピソードの重複で既視感も多々、でも「モノ書き」で食べ始めた頃、特にラジオのDJ風景は読んだ記憶がない。いやエッセイ集多すぎて自信ない。そこそこ新鮮。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント